作曲家 山田悠人 公式Webサイト

FC町田ゼルビア開幕戦生演奏

3月4日は横浜サクソフォンアンサンブル参加者による有志メンバーでFC町田ゼルビア開幕戦入場時に応援歌を生演奏しました。
この演奏のために応援歌《ゼルビア・アンセム》を管弦楽器用(フレックス編成)に編曲しました。
約9000人の観衆の前での演奏でした。

試合前のイベント演奏での挨拶の際にも触れましたが、音楽とスポーツのコラボでイベントがさらに盛り上がったならば幸いです。
そして、この日の試合はFC町田ゼルビアが勝利しました!

また、この日の演奏はメンバーに混じってクラリネットを演奏しました。
普段演奏することはないものの、今回は楽器をお借りできたので、参加メンバーにも当日まで秘密のサプライズ演奏でした。
クラリネットは高校吹奏楽部で3年間、大学時代にお手伝いで演奏していました。
自分自身の編曲作品を演奏する良い機会となりました。
久しぶりの演奏で楽しかったですし、演奏者の方々も『いつものYSA演奏会では作品を作るまでで一緒に演奏することはなかったど、今回は一緒に演奏できてよかった』とお声掛けいただき嬉しかったです。

今後も音楽がイベント等を盛り上げる存在になり、そのような機会にお力添えできればと思いました。
関係者の皆さん、お疲れ様でした!