作曲家 山田悠人 公式Webサイト

大阪音楽大学管楽器専攻生有志による新作演奏会

12月10日に大阪で「大阪音楽大学管楽器専攻生有志による新作演奏会」を開催しました。
ご来場下さいました皆様、ご支援応援して下さいました皆様、ありがとうございました。

この演奏会は若手作編曲家の作品を大阪音楽大学の学生が演奏するというものでした。
今回の演奏会の発端は、昨秋の大畑くんと僕のやりとりからでした。集まったメンバーでレコーディング大会を行い、それに続いて演奏会を行いました。

前日に大阪入りし、到着後すぐに大阪音楽大学でリハーサルを行いました。

リハーサル後は作曲家陣で本番の打ち合わせ、梅田の高層ビルのほぼ最上階でパフェを食べならの打ち合わせでした。

そして翌日の本番を迎えました。
力作が揃い、熱い演奏ばかりでした。
僕は《クープランの墓より「トッカータ」[Cl.6](https://www.youtube.com/watch?v=KsUMYUqm440)》、《ジヴェルニーの黄色いアイリス畑[Cl.,Bsn.,Pf.]》を出品、共に素敵な演奏でした。

メンバーは大阪、愛知、東京と各地に住んでおり、思うように運営が進まず、手こずることが多々ありましたが、メンバーの尽力があって乗り切ることが出来ました。
このメンバーと出会えた事、楽しく音楽が出来た事を嬉しく思います。
また大阪で音楽活動をしたいと思います!

演奏会後の土日は大阪で過ごしました。
土曜日はオフにし、急遽奈良へ。
平城京跡、唐招提寺、薬師寺に行きました。

思っていた以上に距離があり、かなり歩きました。
古都を生で見ることが出来良かったです。
急遽行き先を決めたので、次回伺う際は計画的に伺いたいと思います。

今日は大阪音楽大学サクソフォーン専攻のサクソフォーンオーケストラ演奏会を聴くために大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウスへ。

関東でのサクソフォーンオーケストラとはまた違った面白さがありました。
普段聴くことの出来ない大阪での演奏会を聴く事ができて良かったです。

今回の関西滞在では、いつも以上に音楽と人との出会いがありました。
また大阪で音楽が出来る日を作れるように頑張りたいと思います。
大阪でお世話になった皆さん、ありがとうございました!