作曲家 山田悠人 公式Webサイト

4月の出張-その3(栗林公園観光、高松商業高校吹奏楽部見学)

今更感が漂っていますが、4月末の香川旅行のレポート、最終日の件です!

香川3日目、この日はサクソフォーン奏者竹本くん、吉岡さん、作曲の川田くんと香川県を観光しました。
僕はホテルから集合場所の高松駅へ。
「3日目で歩くのもしんどい、あ、そういえば鞄の中に免許証を入れてたな!」となり、急遽レンタカーを借りて観光しました。
免許証はもちろん、ETCカードも常備しています、こういう時に役立って良かったです。
久しぶりの運転でしたが、安全運転で行きました!

まず、世界のくりばy…栗林(りつりん)公園に行きました!
園内に入るとそこは市街地とは思えない美しい景観、自然豊かな公園でした。
普段見れないオフショット(いや、こっちの方がデフォルト?)も投稿しておきます(^^)

DSCF0452

DSCF0513

写真を撮る私(友人提供)

DSCF0522

お昼は香川3回目となるさぬきうどんを食べました!

午後からは高松商業高校へ!
フルートパートの生徒さんとお会い、お話をしてきました。
この学校は僕に直接問い合わせを頂いた未出版譜《在りし日の歌 ピッコロと4本のフルートのための》と出版譜《記憶 ピッコロと4本のフルートのための》を持っており、その事を僕が知っていました。
今回、僕が高松に行くという事で、僕からお願いをし、今回の対面が実現しました。
選曲の末、昨年のアンサンブルコンテストで《記憶 ピッコロと4本のフルートのための》を演奏、今後の演奏予定は無いとの事ですが、僕の楽譜を通じて、作曲した人の考え、曲の作り方、作曲者しか知らない事等、普段扱う楽譜の出来る過程にも興味を持ってもらえる話をしたつもりです。
また、演奏で苦労した事など、教えて頂きました。
僕の未出版譜で問い合わせを頂いたご縁から、実際に演奏した生徒さんに会え、お話をし、演奏を聴かせて頂けたことを嬉しく思います。
生徒さんも作曲者に直接会えるという珍しい機会でびっくりしていた様子、今後も音楽を楽しんでもらいたいと思いました。

僕は一足お先に皆とお別れ、バスで空港に向かい、さぬきうどん(4食目)を食べ、東京に帰ってきました。
充実した3日間でした。

高松空港展望台より

今回のメインイベントだったサクソフォン交流会ですが、改めまして演奏者、運営の皆様、お疲れ様でした。
昨年同様、お客さんとしての参加でしたが、音楽を愛好する皆様とたくさんの新しい出会いがあり、交流出来たことを嬉しく思っています。
アマチュア演奏家の皆様がのびのびと音楽を楽しむ姿を見て、演奏を聴いて、音楽、自分の趣味の楽しむ事の大切さを感じさせられます。
このように、音楽を楽しむ皆さんにとって必要とされる楽譜を作っていけたら、と思いました。

また、音楽を通じて出来た出会いとご縁を大切に、皆さんと楽しく音楽をやっていきたいと思いました。