作曲家 山田悠人 公式Webサイト

4月の出張-その2(香川、サクソフォン交流会編)

世間のゴールデンウィークも終わりましたね。
ゴールデンウィーク期間中の事は後日、書くかもしれないし書かないかもしれない、今回は香川旅行の件を書きます。

4月24日〜26日の日程で香川県に行ってきました。
今回の目的は、25日に高松市で開催されたサクソフォン交流会を聴きに行くためでした。
そして今回も、この旅行に合わせて幾つか予定を入れました。
(他の件は後日の投稿で!)

そもそも、僕はフルート吹きなのですが、作曲家デビューのきっかけがサクソフォーン作品(《シリウス》という作品です)だったという事、大学吹奏楽部のサクソフォーンの先輩が東京にいらっしゃり、その関係で繋がりが出来た事等があり、多くのプロ・アマ・学生のサクソフォーン奏者の方とご縁があります。
以来、サクソフォーン奏者の方から委嘱をお願いされたり、演奏会のご案内を頂いたり、飲み会に誘ってもらったり…サクソフォーン奏者の方にはお世話になっています。
今回も、サクソフォーン奏者の知り合いの方々から『ヤマダさんも高松に行きますよね?』と”サクソフォーンが吹けないのに”お誘いを受け、結局、いつもの感じ?で高松まで行くことにしました。

このサクソフォン交流会、毎年東京(関東)と地方の交互に開催されているようで、前回の埼玉県草加市で開催された際もお邪魔しました。
全国各地から集まったアマチュアサクソフォーン奏者によるアンサンブル、ラージアンサンブル、そして飲み会(笑)…
東京での交流会で多くのサクソフォーン奏者とご縁が出来、以後、現場でご一緒した際も仲良くさせて頂いています。

今回は高松市、往復の飛行機を予約し、ホテルを予約し、打ち上げの参加申し込みをし(笑)…そして、僕の作編曲作品をひとりでも多くの方に知ってもらうべく、デモCDを約100枚準備しました!
デモCDを(僕がヤマダなので)ヤマ◯の袋に入れていたという事は気付いてもらえなかったです…
IMG_20150424_070846

前日、前夜祭に参加させていただきました。
香川県の名物骨付鳥を堪能、美味しかったです。
(骨付鳥のおいしそ〜に見える写真、撮ったはずなのに見つからない…)

さて、今年の演奏会ですが、昨年同様、個性豊かな演奏を聴かせていただきました。
約4時間に及ぶ演奏会も飽きること無く、あっという間でした。
ラージアンサンブルは参加者約80人による大合奏!
迫力満点、しかし、時に繊細に、きれいなアンサンブルでした。
今回はラージアンサンブル指揮&アドバイザーの林田先生による講習もありました。
皆さんが音楽を楽しんでいることが伝わってきました。
DSC_0548
演奏会の後は懇親会!
サクソフォーン奏者と若干名の作曲家でしたが、『なんでサクソフォーンが吹けない作曲家がわざわざ東京から?』…とはならず、多くの方と仲良くお話が出来ました。
(むしろ、ヤマダがいる事に違和感を感じなかった人もいると思ってます(笑))
準備していたCDも約60枚配ることが出来ました。
そして何より、音楽を愛好する皆さんとご縁が出来たことを嬉しく思いました。
DSC_0547 (1)

インターネットが発達した現代、家に居ながらSNSを使ってプロモーション・宣伝をすることが容易な時代となりました。
しかし、モニター越しではやはり限界があり、僕は直接皆さんとお話をすることでコミュニケーションを取り、皆さんのお声を聞くことを大切にしたいと思いながら活動を展開しています。
今回、サクソフォーン奏者の方とお話をし、どのような活動をしているのか、そして、作曲家に求めたいこと、聞きたいこと等、たくさんのことを教えていただきました。
今後も(さすがに、毎度毎度飛行機に乗って〜は無理でしょうが)現場に足を運び、現場で見て聞いたことを自身の作曲活動に活かしていきたい、改めてそのように思いました。